So-net無料ブログ作成
検索選択
レイの健康 ブログトップ
前の10件 | -

抜糸(&ささかな誕プレ) [レイの健康]

少し前から間引きするように抜糸していましたが、今日抜糸が完了しました。

乳腺を切ったところも足を切ったところもきれいにくっついてる。 

今は痛み止めも抗生剤も飲んでいません。 

一週間もしたら、泳いでもシャンプーしてもいいんだって(驚)

っていうか、3本足で泳げるのか?黒イヌ。

最近は前と変わらないくらいの距離をサンポしてるので、まぁ、何事もなかったように、フツーに泳いじゃうんだろうな。 

 

次は一ヶ月の検診。

しばらくは定期的に診ていくことになりますが、2日に一度通ってた病院に一ヶ月も行かなくなるなんて! !

寂しいような、なんか変なカンジです。 

あとは悪い奴が変なとことに種を蒔いてないことを祈るばかり。

ということで、これでこの治療は完了です♪ 

が、気になることがないわけでもないのです。 

体重が3キロほど落ちてしまいました。 今日計ったら27キロ台。

運動を制限していたせいで筋肉が落ちちゃったのか?(足を切ったのももちろんありますが)

ここ一週間ほどお腹がゆるいので、そのせいもあるかも。

お腹は消化酵素を病院で出してくれました。それでしばらく様子見です。

 

 

そうそう、先週レイの誕生日だったというわけじゃないんですが、ベッドを新調しました。

っていってもカバーだけ。

前と同じモリー・マットの別の柄にしました。

_MG_0771.JPG 

なんとなーくなんですが、手術をしてから丸くなって寝なくなったような気がして・・・

体を伸ばすとM/L(68cm×91cm)じゃはみだしちゃうんです。

なので、 ワンサイズ大きいXL(91cm×110cm)にしました。 

中身はキャンプで使わなくなったインフレータブルマット(×2)とシュラフ、それにIKEAのダブルの掛け布団(笑)

さすがにふわっふわでございます。 

_MG_0767.JPG 

お気に召されたようで、よかったよ。 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

にほんブログ     

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

いい知らせ [レイの健康]

断脚手術の際に他に疑いのある箇所も病理検査もをお願いしました。

・乳腺のしこり

・膝部のしこり(元々の腫瘤がったちょっと上のあたり)

・膝窩リンパ節(後ろ足の膝の後ろにあるリンパ節)とマージン

乳腺のひとつと膝部はしこりがあったので。

乳腺は手術の時に一緒に切りました。

膝窩リンパ節とマージン部はガンの足が伸びていないかのチェックです。

 

結果はどれもオールクリア!

乳腺と膝部は悪いものではなかったし、ガンの足が伸びていることもありませんでした。

その他への転移も考えられなくもないですが、まずは大丈夫でしょうとのこと。

これで、半年悩まされてきたヤツとは一旦はオサラバなのです。

 

なんだか、すごくホッとしてます。

断脚して他も悪かったら・・・

引き続き治療をすることになるあろうし、レイに申し訳ないというか、またいろんな事を制限させなきゃいけないので。

 

兎にも角にも良かった良かった♪

 

 

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

にほんブログ     

 

 

 

 

 


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

断脚手術 [レイの健康]

 先日のブログで書いた通り、10/2910/27に断脚の手術を受けてきました。

手術は無事終了。

時間にしたら2時間半、断脚手術にしては相当早いんだそうです。

いつも診てもらってる先生に言わせると、手術のスピードもですが、かなりレベルの高い手術だったとのこと。

今流行りのドクターXか?(ちなみに手術をした整形の先生は男性ですが・・・笑)

術後の面会。

腰にグルグル巻きのバンテージ姿は痛々しい。

麻酔から覚めてくるとパンディングも荒く、落ち着かない様子でしたが、僕らの顔を見てホッとしたようです。

いきなり立とうとしたのにはビックリ。

ドクターストップどころか、もちろんそこにいる全員で全力阻止!(笑) 

 

 

 

術後は一週間ほどの入院予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のはずだったんですが・・・

 

 

翌日には帰ってきちゃいました。

そう、退院です。

決して、驚異的な回復を見せたわでもないのですよ。

どうも病院で落ち着かないっていうか、不安なのか近くに人がいないとダメだったようです。

要するにかまってくれないんだったら入院なんて嫌!ってことらしいのです・・・

思ってた以上に甘ちゃんだったな、黒イヌ。 

 

というわけで、自宅療養です。

帰ってきた当日は疲れもあったのか、ほとんど動かずだったんですが、

今ではピョコピョコ3本足で歩いて、外でチッチもウ〇Pもします。

気がついたらソファに乗ってたり。

まだ手術して数日しか経ってないのに。

イヌってスゴイですね。

 

 

術後の経過は良好。 

切ったところの痛みは思ってたほどないようです。

少しづつですが3本で歩くコツも掴んでるようにも見えます。

ゆっくりゆっくり新しい生活に慣れてくれればいいんですが、あっという間に順応しちゃう気もしてます。

_MG_0652.JPG 

無茶すんじゃねーぞ!(笑)

 

 

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

にほんブログ     

 

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

なかなかうまくいないのです。 [レイの健康]

しばらく続けてきたICG Lipoですが、治療を続けるのを断念しました。

どうも、 クスリにアレルギー反応を起こしてしまうらしく、クスリを投与すると嘔吐など体調を崩してしまうのです。

そして、血小板の数値も下がってしまう。 

アレルギーを抑えるクスリを入れながら続ける こともできるけど、アナフィラキシーショックはやはり怖い。

といくことで、別の治療法をまた模索しています。

考えられるのは、①断脚 ②ICG Lipoの局所投与+レーザー ③分子標的薬(トセラニブ) ④免疫治療(活性化リンパ球療法、DCワクチン)

現実的には、①断脚か③抗分子標的薬(トセラニブ)。

他はデメリット大きかったり、効果があまり期待できなかったり、高額だったり・・・

断脚するにしても、大型犬は残りの3本の脚に負担がかかるので、関節等に問題ないか綿密な検査が必要です。

まだ、どうするか決めてませんが、とりあえず他の脚がどうなのか、検査をするつもりです。 

 

脚が痛いのは相変わず、痛み止めを飲めば脚を付けますが、それでも体重がかけられないみたい。

そんななんで、だんだん筋肉も落ちてきちゃいました。 

そういうのを見てると、断脚が一番ベストな選択なのかなぁと思ってしまうのです。

_MG_0281.JPG 

 

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

にほんブログ     

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

アシイタイイタイ仕様 [レイの健康]

P1090415.JPG

3日ほど前からウ〇Pが緩め。 

9/6(土)は3週間に一度の抗がん剤の予定だったけど、その話を病院でしたら、しばらく様子をみましょう、と。

この日はビビビ(レーザー)だけ。 

で、レーザー終わった途端ヒートになっちゃった。 

そろそろかなーと思ってたけど・・・。

ヒート中は体調が崩れやすいので、お腹の様子見もあって、しばらくは抗がん剤は入れないことになりました。

 

そして、ここ10日ほどアシイタイイタイが治りません。

ずっとビッコ。

先週は痛み止めを強くして、散歩もドクターストップ。

それで、すこーし良くなってきたかなぁと思ったら、今日はちょっと痛そう。

痛み止めを元に戻したからかな。 

 

そんなこともあって、滑って足に負担がかからないようにと、家の中のレイがよくいる場所は、

バスマットやらキッチンマット、100均で買ってきたジョイントマットパズルマット?)が敷かれました。

かなーり雑然と。

 

キッチンマット・・・ 

P1090403.JPG

バスマット・・・ 

P1090408.JPG 

やっつけ感満載・・・(笑)

P1090404.JPG 

ってことで、ラグを増やしました。

前から敷いてたIKEAのラグのサイズ違い。

_MG_0085.JPG 

芸なさすぎ・・・(汗)

 

 

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

にほんブログ     

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

PLT [レイの健康]

引き続きICG Lipoは続けています。

その抗がん剤投与後のレーザー(ビビビ)も2~3日に一度。

加えて丸山ワクチンも投与しています。

(丸山ワクチンは2日に一度家でブスっとお注射

 

 

8/16に2回目の抗がん剤投与。

抗がん剤を入れる日は毎回血液検査もします。今回も正常値。

この日は薬の点滴中に吐き戻したので、吐き気止めと粘膜保護の薬をもらって注射してもらって帰宅。 

そして翌日の8/17にレーザー照射。

この日は朝からなんとなーく調子が良くなさそう。お腹もゆるいです。

それと関係あるかないかわかりませんが、血液検査でPLTの数値が極度に下がっていました。 

(血液検査は投与の日だけかと思ってたら、この日も検査してました)

 _MG_0666.JPG 

PLTは血小板の数値。

他の数値は正常値。PLTだけ極端に下がっているって・・・

考えられる要因はいくつか。

①体がガンに耐えられなくなっている

②体の中のどこか(内蔵とか)から出血している 

③殺鼠剤にような毒物を誤飲

 

要因云々より、PLTが下がっているということは、出血した場合、出血が止まらない(血が固まらない)可能性があって、

もしそうだとしたら、まず そこなんとかしなきゃいけないので、血液の凝固検査から。

凝固検査の結果は正常。

血液検査の他の数値が正常ということと、エコーでも中の出血はなさそうとのことで①②は考えにくい。

③の可能性も否定できないので、翌日(今日ね)再度血液検査となりました。 

しかし、今日の血液検査のPLTは昨日とほぼ同じ。低い数値のままです。

ん~なんだろう。 

 

 

レイは元気だし食欲もあるんですが、 PTLの数値は気になります。

明日、また検査しに病院へ行ってきます。 

 

【8/19追記】

PTLの数値はは前日より上がっていましたが、まだ基準値より下。

その代わりWBC(白血球)の数値が基準値を下回ってしまった。 

 

【8/21追記】 

血小板、白血球の数値ともに基準値内に戻りました。

とりあえず、ε-(´∀`*)ホッ 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

にほんブログ     

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ICG Lipoはじめました。 [レイの健康]

「冷やし中華はじめました」みたいですが・・・(笑)

 

3週間に一度の抗がん剤投与。

薬を投与した直後にレーザーを週3回、その後は週2回くらいの照射。

ってサイクル。  

 

26(土)に投与開始。5時間お預け。

薬はカルボプラチン、タキソール、5-FUだそうです。 

そして、翌日27(日)に1回目のレーザー照射。

レーザー照射ってなんんかカッコイイと思ってしまうのは自分だけ?(笑)

 

こーんなマシンから 

IMG_0903.JPG 

こーんな赤い光がビビビーっと!(注:実際は音はしませんよ)

IMG_0899.JPG 

レーザーの周波数が、前の日に投与した薬のカプセル(みたいなの)を壊して、局所的に薬が作用するらしい・・・

 

それから、照射してる箇所の温度管理も大事らしく、42~43℃くらいがベストなんだそう。

なので、温度を測りながら、温度が上がりすぎないように時々こうやってジェルで冷やします。

IMG_0902.JPG 

20分で終了。

IMG_0898.JPG 

黒イヌは何されてるかわかってねーだろうなー。

だって寝てたもん(爆)

 

 

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

にほんブログ     

 

 

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

決断の続き [レイの健康]

前回のエントリーで抗がん剤治療を中止したと書きました。

でも、治療自体をやーめたってわけじゃないのです。

悪いヤツにはなにがなんでも出て行ってもらわにゃいかんのです。 

で、セカンドオピニオンを求め、新たな病院で診察を受けました。

 

これまでの経過と診断~治療法などを獣医と1時間ほど。

曰く、今の段階で抗がん剤治療をやめるのは早いのではないかとのことでした。

以前の生検の検査結果を支持し、軟部組織肉腫である見立ては変えず、 

勧められたのは免疫療法とICG Lipoという治療法。 

ICG Lipoとは、簡単に例えると、カプセルに入った抗がん剤(カプセルと言ったって目に見える大きさじゃなく)を投与して、

行き渡ったところで、患部にレーザーを当ててカプセルを壊し、集中的にがん細胞を抗くというもの。

あってるかな?ま、だいたいそんなイメージの説明でした(笑)

ICG Lipoは局所的な治療法なので、他への負担も少ないとのこと。 

(局所的という意味では免疫療法も同じですね) 

使う抗がん剤は、前と同じカルボプラチン。 

 

改めてレントゲンと針生検で他への転移とリンパの腫れを確認しましたが、他の問題はまったくなし。

うん、良かった。 

血液検査もすべて基準値でした。内蔵も実年齢よりも若いと・・・

ほう。 

アレだ、変な話、すっごく健康ってことだ(笑)

 

ということで、 ICG Lipoという治療を始めます。

(ただ、ネットで調べても症例がまだまだ少なそうなのが気になります・・・) 

クスリが出来るまで2週間かかるとのことなので、投与はおそらく26日から。

その後2~3日おきくらいにレーザーを当てていきます。 

 

それと、ビッコを引いてたアレは、ほぼ普通に歩けるようになりました。

それでも、かばって少しだけ反対側に重心がかかっているようなので、痛み止めを処方してもらいました。

 

さてさて、新しい治療法は吉と出るのか・・・

あんまり一喜一憂せず、気長にやっていくとします。 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

にほんブログ     

 

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

決断 [レイの健康]

抗がん剤治療を続けるかどうかの結論は、続けない決断をしました。

元々軟部組織肉腫には抗がん剤の効果が期待できないと言われていました。

効果が出る場合、比較的すぐに効果は現れて、ポッコリは早い段階で縮退し始めるようです。

しかし、レイの場合は逆に大きくなっていると・・・

 

これで、手持ちのカードがなくなってしまいました。

他に有効な治療方法を模索しなければ・・・

 

そんな中、昨日の朝からビッコを引くようになってしまったのです。

立ってる時は4本とも着けるので、脚を着くのが痛いというより歩きづらそう。 

診察してもらったところ、ポッコリが神経を圧迫してるんじゃないかとのこと。

痛みはなさそうなので、痛み止めは飲まないで様子を見ます。

P1090291.jpg

いろいろ出てきますなぁ。

ま、食欲だけはアレなので、ある意味安心はしてますが(笑)

 

 

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

にほんブログ     

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

今後 [レイの健康]

レイは3週間に一度抗がん剤(カルボプラチン)を投与しています。

今週末の土曜日は3回目の投与の日。

脚のポッコリは相変わらずです。

副作用はまったくないし、血液検査も良好です。  

 

今、抗がん剤治療を続けるか迷っています。

 

2回目を終えた翌週の血液検査の日、抗がん剤の効果が出ていないと獣医から説明されました。

なんとなくそんな気がしていたので、「やっぱり」というのが正直なところです。 

そして、転移のことを考えるとやはり断脚しかないと。

(現状で転移しているかどうかはわかっていません)

しかし、断脚という判断はどうしてもできないのです。 

抗がん剤の量を増やす?(今は通常の半分の量を毎回投与)、抗がん剤を変える?

放射線治療でお世話になった大学病院にも聞いてもらいましたが、他の治療法は示されなかったようです。 

他にも温熱療法や免疫療法等もありますが、この大学病院ではこの治療方法は行っていません。

 

セカンドオピニオンを検討したほうがいいいのか・・・

その場合、それをどこの誰にそれを求めればいいのか・・・

 

 

どうするか、明日には結論を出そうと思っています。 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

にほんブログ     

 

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
前の10件 | - レイの健康 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。